歯科医のはじまり?|山口県宇部市(黒石・厚南とその近郊エリア)の歯医者「あおき歯科クリニック」

医院コラム

歯科医のはじまり?

  こんにちは。

  あおき歯科クリニックの西田です。

  

  今年は台風が日本に直撃で、

  被害に遭われたみなさま

  お見舞い申し上げます。

  

  秋も深まり

  朝夕涼しくなりました。

  気温の変化についていけない

  今日このごろです。

  

  みなさん

  歯科医のはじまりをご存じですか?

  

  古代バビロニア(紀元前2000年頃)

  歯痛を伴う疾患は

  加持祈祷で治す方法が

  盛んに行われていました。

 

  14世紀頃のヨーロッパで

  歯科医が歯磨き粉を売り歩くかたわら

  抜歯を行っていました。

 

  イタリアでは

  理髪師が抜歯、口腔内清掃など

  行っていました。

 

  日本では

  701年の大宝律令で

  医療制度の中に

  耳目口歯科として

  歯科が確立されました。

  室町末期から江戸時代にかけて

  入れ歯のみを作る 口中入歯師 と

  医学の専門教育を受け

  抜歯や口中の治療を行う 口中医

  がいました。

 

  はじめは、祈祷 と言うのも

  うなずけますね。

  昔から 人々は何かしらの

  お口の悩みをかかえていたんですね。

 

  あおき歯科クリニックでも

  お口のお悩み、検診の

  ご予約お待ちしております。

 

  みなさま 季節の変わり目

  お体ご自愛くださいませ。

戻る

診療時間

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 駐車場10台
  • 滅菌対策