インプラント・入歯・ブリッジ|審美・予防・小児歯科が得意|宇部市・黒石・厚南のあおき歯科クリニック

キッズスペース・保育士資格保有・駐車場10台・厳禁対策

menu

インプラント・入歯・ブリッジ

歯を失ってしまった方のための補綴治療

むし歯や歯周病、事故などによって歯を失ってしまった場合、治療法としては「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯(義歯)」などが挙げられます。これらは補綴(ほてつ)治療と呼ばれるもので、失った歯の機能回復を期待できます。

こんなお悩みありませんか? ~歯をなくしてお悩みの方へ~

入れ歯にしようかどうか迷っている方


「硬いものを満足に噛めるようになりたい」
「見た目に気づかれない入れ歯なら欲しい」
「治療費は安く、でも痛い思いはしたくない」
「丈夫な歯を抜くのは気が引ける」

今の入れ歯に不満を持っている方


「今の入れ歯は噛むと痛みが走る」
「口の中に違和感を覚え続けている」
「入れ歯だとバレバレで恥ずかしい」
「入れ歯の臭いが気になる」

上記に当てはまる方はぜひ当院までご相談ください。患者様の口腔内をしっかりと拝見し、それぞれに最適な提案をいたします。

インプラント・ブリッジ・入れ歯 比較表

歯を失った場合の治療法は、インプラント・ブリッジ・入れ歯の3つの方法が一般的です。まずは簡単に、以下の表でそれぞれの違いを確認してみましょう。

補綴治療 インプラント
ブリッジ
入れ歯
保険/自費 自費診療 保険診療 保険診療
メリット
  • 天然歯のような感覚で噛める
  • 自然な見た目
  • 周りの歯を傷つけない
  • 自分の健康な歯を多く残せる
  • 固定式なので違和感が少ない
  • セラミックであれば見た目が天然歯に近い
  • 治療期間が短くて済む
  • 治療期間が比較的短くて治療も容易
  • 保険適用の材質であれば治療費が安い
デメリット
  • 外科的処置が1日必要になる
  • 比較的治療費が高い
  • 骨が定着する期間まで数えると比較的治療期間が長い
  • 両隣の健康な歯を削らなくてはいけない場合がある
  • 支えとなる歯に負担がかかる
  • 欠損歯の骨が痩せやすくなる
  • ブリッジと歯ぐきの間に食べカスが溜まって不衛生になりがち
  • 噛み心地に違和感があり、硬い物が食べにくい
  • 入れ歯に食べ物が挟まると口の中が不衛生になりがち
  • ガタつきが起こりやすい
  • 顎の骨が痩せることが多い
  • 留め金が見えるせいで見た目がよくない

インプラント

前項の表でもわかる通り、インプラントは見た目も噛み心地も天然歯に近いものが得られる歯科治療です。しかしデメリットを見てみると、外科的処置という文字が…… これを見て「手術をするのは怖い」感じる方もいることでしょう。確かにインプラントは高度な技術が必要な治療です。しかし、だからといって負担を避けられないわけではありません。

当院では、インプラント治療を行う方には、歯科用CTを用いた精密検査と、パソコンを利用した埋入シミュレーションを行っています。患部の隅々までを把握し、計画通りに治療に臨めばインプラントは怖いものではありません。抜歯よりも腫れや痛みが少なくなるケースもあります。すべての患者様が安心して治療を受けられる体制を整えておりますので、どうぞ安心してインプラントをご相談ください。

インプラント手術を安全に行うための歯科用CT

インプラントを埋入する患部というのは、目で見ても顎の中がどうなっているかわかりません。そのため、このまま手術を行えば、大きな血管や神経を傷つけるおそれがあります。そこで重要になるのが、骨の状態を正確に把握するための検査機器「歯科用CT」 です。以下は、歯科用CTの主なメリットです。

  • 必要に応じて、術中や術後に院内でCT撮影ができる
  • 撮影後は現像を待たず、すぐに画像が確認できるのでスピーディーな診断が可能
  • 院内で撮影ができるので、外部委託のための費用が発生しない

歯科用CTは非常に高価な設備です。そのため、導入している歯科医院は、日本でも1%程度(2010年)なのだとか。今後、インプラント手術には欠かせない存在となる歯科用CT を、当院ではいち早く導入し、安全性の高い手術を行っています。

インプラントの流れ
Step1 Step2 Step3
顎の骨を露出させるために、歯ぐきを切開します。 顎の骨にインプラントを埋入するための穴を専用のドリルであけます。 ドリルであけた穴にインプラントを埋入し、歯ぐきで覆います。
Step4 Step5 Step6
顎の骨とインプラントが結合し、傷口が治るまで待ちます。 歯ぐきを切開し、人工歯との接続部分になるアパットメントをインプラントの頭部へと装着します。 最後に、取り付けたアパットメントに人工歯を装着すれば治療完了です。

ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の前後の歯を削り、橋を架ける要領でつないだ後、2本の歯で3本の歯をつくる方法です。3つの冠が一体化した人工歯を、削った2本の歯に被せるため、噛む力の負担は前後の歯に集まりますが、噛み心地自体は天然歯に近い感覚となります。

ブリッジの種類
金銀パラジウム合金ブリッジ ゴールドブリッジ メタルボンドセラミックブリッジ
保険診療で製作されるブリッジです。いわゆる銀歯として、一般的に利用されています。 名前と見た目の通り、ゴールドを使ったブリッジです。特に高カラットのゴールドは、生体親和性が高いため、インレーやクラウン、ブリッジなどと、さまざまな使われ方をされています。 セラミックに金属と組み合わせてできたブリッジです。技術は安定しており、さまざまな症例に対応します。
ジルコニアセラミックブリッジ(CAD/CAM) ガルバノブリッジ(AGC)
強度の高さが魅力のジルコニアを使用した審美クラウンです。
金属不使用なので、アレルギーや歯ぐきの黒ずみといったリスクがありません。
セラミックに純金を適合させたブリッジです。金属を利用しますが、純金を使用しているので金属アレルギーのリスクは低いです。
歯を失ってそのままにしておくと顔が変形!?

失われてしまった歯の前後にある歯は、支えるものをなくすと倒れ込んできます。さらに、噛み合う歯はおさえるものがないのでだんだんと伸びてきます。こうなるとお口全体の噛み合わせが悪くなり、今度は顔の筋肉のバランスが崩れます。その結果、人によっては大きく人相が変わってしまうことも。欠損歯は放置せず、早めにインプラントやブリッジ、入れ歯などで補うようにしましょう。

入れ歯(義歯)

入れ歯のお悩み、お聞かせください

「入れ歯の金属バネが目立って嫌だ」
「会話中に違和感がある」
「口の中で金属の味がする」
「入れ歯が目立つから口を大きく開けて笑えない」
「入れ歯の手入れが面倒」

合わない入れ歯! ガマンは禁物?

お口の中は日々変化を続けています。特に歯を失った方の場合は、咀嚼の刺激が顎の骨に伝わりにくくなるため、骨が痩せやすくなってしまうのです。こうなると、せっかくつくった入れ歯もお口に合わなくなり、はじめはちょっとした違和感が。そして次第に、痛みにまで発展する可能性もあります。

もし、今お使いの入れ歯が合わなくなってきたのなら、ガマンはしないでください。そのまま使い続けるのと、歯ぐきに偏った力が加わり、腫れてしまうことがあります。少しでも「変だな?」と感じたら、一度当院までご相談ください。噛み合わせをチェックし、それぞれの患者様に合わせた問題の解決策を提案します。

部分入れ歯と総入れ歯の違いとは?

入れ歯は大きく「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分かれます。以下で、それぞれの違いを見てみましょう。

総入れ歯 部分入れ歯
歯が1本もなくなってしまった場合に使用する入れ歯です。自分の歯がないので支えがなく、見た目や噛み心地に不自然さを感じたり、発音が不明瞭になったりすることがあります。 失った歯が1本、もしくは連続した歯がない場合に使用する入れ歯です。バネを周りの歯に引っかけて固定するタイプが一般的ですが、どうしても健康な歯に負担がかかるというデメリットがあります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは?

保険で作れる入れ歯と、自費で作る入れ歯には、大きな違いがあります。ご希望に合わせて治療をしていきます。

保険の場合 自費の場合
作る素材・種類が限られており、見た目や機能は決まっているものになります。ですので、使用中の不快感や外れやすくなったりすることがあります。メリットとしては、保険適用なので、比較的安く入れ歯を作ることができます。 その人にあった素材や種類から作成できます。また、耐久性や審美性も考慮して作ることができるので、長持ちも可能です。 ただ、保険が適用されないので、高額になるものがあります。

口臭検査 口臭の測定でお口の異常をチェック

診療内容

医院の特長

院長のお知らせ&コラム

歯科ポータル歯科タウン 当院掲載中!