歯周病|審美・予防・小児歯科が得意|宇部市・黒石・厚南のあおき歯科クリニック

キッズスペース・保育士資格保有・駐車場10台・厳禁対策

menu

歯周病

気づかないうちに進行している?実は恐ろしい歯周病

現在、日本の成人の約8割は歯周病にかかっている、もしくは予備軍であるといわれています。しかし、歯周病は自分では気づきにくく、症状が現れてからではかなり進行している場合も。少しでもお口や歯ぐきに異変を感じたら、早めに宇部の歯医者「あおき歯科クリニック」までご来院ください。

歯周病について知っておきたい5つのポイント

1 歯周病は歯を失う病気

歯周病というと、“歯ぐきの病気”というイメージを持たれる方も多いかも知れません。しかし、日本に暮らす成人が歯を失う一番の原因は、実は歯周病です。初期症状に乏しく、気づいた頃には進行してしまっているのも、この病気の恐ろしさのひとつです。

2 年齢を重ねるごとに恐ろしくなる歯周病

若い頃は、身体の免疫力のおかげで歯周病の症状はごく軽いもので済みます。しかし年齢を重ねるうちに免疫力が低下すると、歯垢などの付着・浸入によって顎の骨が溶かされてしまうことも。免疫力が落ちた分、メンテナンスで抵抗力を補ってあげる必要があります。

3 歯周病治療の種類

歯周病の治療は大きく3つに分けられます。まずは、お口の中の歯垢を取り除き、原因を絶つ歯周基本治療。次に、基本治療では対処できないケースで用いられる歯周外科。最後が、治療後に行うメンテナンスです。

4 進行してしまった歯周病は回復ができないことも

歯周病によって溶かされてしまった骨を回復するには、外科的な処置が必要です。しかし、症状が進行してしまうと、回復が望めない可能性も少なくありません。そのため、どうすれば歯周病にならないのか? どんなメンテナンスをすればよいのか? という知識を持つことが重要です。

5 歯周病予防は継続が力になる

歯科医院でクリーニングや歯石取りをしても、それはあくまで一時的なものです。大切なのは、毎日・毎食後に適切なケアを行うこと。そして、それを継続することが、一番の歯周病予防につながります。

あなたは大丈夫? 歯周病を発見する13のセルフチェックリスト

  • 歯ぐきが赤い、またはどす黒くなっている
  • 歯と歯の間の歯肉が丸くなり、腫れている
  • 疲れたときやストレスが溜まっているときに、歯ぐきが腫れやすい
  • 歯肉が退縮して、歯と歯の間にすき間ができている
  • 歯が長く伸びた気がする
  • 舌で歯の表面に触れるとザラつく
  • 歯みがきのときに、歯ぐきに出血がある
  • 朝起きたときに、口の中が苦くてネバネバする
  • 歯ぐきを指で押すと、白い膿が出る
  • 歯がグラつく
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなった
  • 上顎の前歯が前方へ出てきた
  • 口臭が気になるようになった

いずれか1項目でも当てはまる場合には、歯周病のおそれがあります。早めに当院まで足をお運びください。

段階別 歯周病治療の方法について

初期の歯周病治療

進行具合によって、スケーリング、ルートプレーニングという方法を使い歯石の除去を行います。その後、汚れの再付着を防止するために表面をなめらかにします。歯周ポケットの奥まで治療する場合もありますが、その際は麻酔をするので痛みはほぼありません。

中期の歯周病治療

歯周病が進行し、中期以上になると外科的な処置が必要となります。この際は、歯肉をメスで切開し、歯根を露出させてその周辺にこびりついた歯石を取り除くプラップ手術が用いられます。最後に歯肉を縫合して治療が完了です。なお、麻酔をするので痛みはありません。

後期の歯周病治療

歯周病が後期にまで進行すると、手術が必要になることがあります。主な歯周外科手術には「フラップ手術」といって、歯肉(歯ぐき)を切開して、歯周ポケット内に深くまで入り込んだ歯垢(プラーク)や歯石などを取り除きます。

口臭の原因とは?

口臭の原因の9割は、お口の病気です。なお、不快な臭いを発する成分には20種類ほどのものがありますが、特に揮発性硫黄化合物が持つ特有の臭いが有名です。なお、揮発性硫黄化合物は以下の3種類のガスからなります。

硫化水素
卵の腐ったような臭いがします
メチルメルカプタン
魚や野菜が腐った時のような生臭い臭いです
ジメルサルファイド
生ゴミのような臭いです

口臭は、こうしたガスが混ざり合っているので、より不快な臭いになります。なお、口腔内の嫌気性菌やはがれた粘膜上皮、血球成分、細菌の死骸に含まれるタンパク質が分解されることにより、揮発性硫黄化合物は発生します。

口臭の測定でお口の異常をチェック

口臭は自分ではなかなか気づきにくいもの。そのため当院では、正確な口臭測定のために口臭測定器を導入しています。嫌な臭いが口からするというのは、口腔内に何らかの異常が起きているサインです。そのため、歯周病治療の進捗チェックや定期メンテナンス、むし歯チェックにも利用しています。

あおき歯科クリニックの採用する歯周病治療

検査法
  • ポケット検査
  • 歯の動揺度の検査
  • レントゲン検査
治療法
  • SRP
  • 歯周ポケットそうは術
  • フラップ手術
  • GTR法(再生療法)

診療内容

医院の特長

院長のお知らせ&コラム

歯科ポータル歯科タウン 当院掲載中!